Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

80~90年代少女マンガの傑作。過去を受け入れ未来へ向かって生きようとする物語。 日渡早紀/ぼくの地球を守って

男性でも知っている少女マンガの名作。
30代男女は割と通ってきた作品なのだろうか??

自分も名前だけは知っていたけれど、特に読まずにここまで来てしまった。
でもって最近マンガ好きなおっさん達が、お勧めの少女マンガで
こぞってこの作品を推していたのでちょっと気になった。
嫁に「ぼく地球(ボクタマ)って面白いの?」と聞いたら
「え、読んでないの?」みたいなリアクション。

ぼくの地球を守って (第1巻) (白泉社文庫)
日渡 早紀
白泉社
売り上げランキング: 144,891


読んでみると確かに噂に違わぬ面白さ。

前世の記憶を夢に見る7人が、前世と同調しながら今を生きる。
前世とか運命とかに縛られる因縁ものは、文学のテーマとしても良くある話。

それは血は水よりも濃い、という血縁の歴史として描かれることが多く、
それが因果応報的な運命だとすれば、
どのように抗うのか、あるいは受け入れるのか、この手の話は盛り上がりどころが多くて面白い。

そう言えばエミール・ゾラの『ルーゴン・マッカール叢書』の話も思い出す。
祖先の精神的障害に端を発する貪欲・怠惰・狂信などの性質が、
子孫の人々の中に、どのように現れていくのかを
描き出そうとするのが、双書執筆当初のゾラの意図だったと言われている。

『ぼく地球』も前世の記憶を、夢を見るという形で徐々に共有していく。
そして前世の悲劇、その真実が明らかにされていく中、
どのように過去を受け入れて、未来に生きるか、ってのがテーマ。

過去との決別ではなく、過去を受け入れ、未来へ向かうってのが
これまた前向きで人の共感も呼ぶんだろうな。

作者の日渡早紀の代表作にして最大のヒット作なんだけれど、
2013年頃、微妙な続編を書き始めている。

まぁ、あまり良い予感しないので、
大人しく『ぼく地球』の余韻に浸っていた方がよさそうな気がする・・・