読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

何やってもあり、みたいになっちゃうと何やっても面白くなくなる。 筒井康隆/脱走と追跡のサンバ

筒井康隆コレクション』の2巻に収録されていて読んだのだけど、
「霊長類、南へ」とはまた違った雰囲気。

荒唐無稽でナンセンスなSFって感じ。
でもそう書くと、「霊長類、南へ」も荒唐無稽でナンセンスなSFのはずで、
結局同じじゃないかとなるのだけど、
脱走と追跡のサンバ」はつまらなかったのだから不思議だ。

脱走と追跡のサンバ (角川文庫)

脱走と追跡のサンバ (角川文庫)

物語の舞台自体、というか世界自体が複数存在していて、
みたいな同時多発的なマルチな世界、という設定は、
わかるんだけど、すげー読みづらい。

俺がお前でお前が俺で、みたいなことにもなるし、
まぁ、とにかく読んでて面倒くさいし、面白くない。

あと、結局何でもありすぎて読んでいて冷める。
何が起こってもいいような世界の話だから、何が起きても感動できない、
みたいな感覚が読みながらあった気がする。

脱走と追跡のサンバ (角川文庫)

脱走と追跡のサンバ (角川文庫)