Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

奇想天外、奇妙奇天烈な大相撲マンガの舞台はアメリカ!? 西野マルタ/五大湖フルバースト

相撲を題材にした奇妙なマンガ。
勢いだけはフルバーストの名に恥じない展開。

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)

たった2冊なのだけど、訳の分からない濃さがある。
大相撲がテーマなのだけど、なぜか舞台はアメリカ。
五大湖ってのは、技の横綱と呼ばれ最強の力士だった男の名前。

そいつが変な博士に唆されて、その肉体を機械に改造されてしまう!
改造されてマシーンと化した五大湖を止めるべく、伝説の横綱が登場し・・・

と、ここまでで分かるようにとにかく奇想天外。
でもこれくらいぶっ飛んでた方が面白い。
マンガなんだから。

終盤、ちょっと親子のヒューマンドラマ的な展開になるのだけど、
でも結局、子供に五大湖って呼ばせるシーンが好き。
そこは父さんじゃなくて、五大湖なんだね。
五大湖の方は勝手に回想しながら、それまで父親らしい事を何もできなかった自分を反省しつつ、
心のどこかで父さんと呼ばれたい気持ちが透けて見える。
でも、そんな安易な展開にはならない!

人は、自分が体験した以上の事を、勝手に慮ってはくれない。
言わなきゃ伝わらないし、こう言うつもりだったは通用しない。
いずれにせよ、わかってくれるだろう、とか思わない方が良いんだよな。
分かってほしいなら、分かってもらえる努力をすべきなのだと思う、とか
本筋とは関係ない事を思ってみたり。

どすこい。

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 上 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)

五大湖フルバースト 大相撲SF超伝奇 下 (シリウスKC)