Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

キャラの魅力で突っ走るある意味単純なお話だけど、読んでて気持ちいいんだよね。 田中芳樹/アルスラーン戦記

荒川弘のマンガ化で俄然盛り上がっている『アルスラーン戦記』、
何が驚いたって、まだ原作は完結していないってこと!
どんだけ遅筆なんだ。

でも原作もいよいよクライマックスに来ているようなので、
マンガ化、アニメ化と合わせて数年のうちに完結するんじゃないか、というのが私の予想。

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)

落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)

征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6)  カッパ・ノベルス

征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6) カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8)  カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス

というわけで、とりあえず第1部を一気読みしてみた。

今はカッパブックスで従来の文庫2巻分を1巻にまとめたお得なやつと、
光文社文庫で1巻ずつ刊行中のものと、2種類ある。
でも光文社文庫版はまだ最新刊まで出ていない。

というわけで、カッパブックス版を買ってみた。

1~7巻までが王都を奪還するまでの第1部、という扱い。
第2部はいよいよ蛇王とか出てきちゃう感じっぽい。
まだ読んでないからなんとも言えないけど。

で、第1部に関しては普通に面白い。
なんかなんかもう小難しいこと考えずに楽しめる娯楽ファンタジー。

アルスラーン自身は大して能力無いけど、人徳で人をひきつけるタイプ。
まぁ、要するに項羽と劉邦なら劉邦三国志なら劉備タイプ。
天才軍師のナルサスは諸葛亮だね。

で、なんか正直単純すぎるんじゃないかってくらいアルスラーン一派は強い。
状況的に困難に陥ったとしても、「戦士の中の戦士」の称号を持つダリューンはほぼ無敵だし、
ナルサスの計略はずばり大成功するし、この単純な気持ちよさは魅力。

もうシンプルなプロットとキャラクターの魅力で突っ走る感じなんだよね。

最近のって妙に物語が複雑だったり、ひねくれてたりするから、
このわかりやすさはちょっと新鮮だった。

なので、きっと荒川弘のマンガ版もすごく良い作品になるんじゃないかな。

さて、この後どうなっちゃうんでしょう。

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)

落日悲歌・汗血公路 ―アルスラーン戦記(3)(4) (カッパ・ノベルス)

征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6)  カッパ・ノベルス

征馬孤影・風塵乱舞 ―アルスラーン戦記(5)(6) カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8)  カッパ・ノベルス

王都奪還・仮面兵団 ―アルスラーン戦記(7)(8) カッパ・ノベルス