Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

サーカスというのは、頽廃的で淫靡な話の舞台としては最適だということ。 中村明日美子/コペルニクスの呼吸

中村明日美子の活躍するフィールドがBL中心であるがゆえに、
一般的に受け入れられていないかもしれないけれど、
この人は天才だと思う。

そして、とても変態だ。

だから、面と向かって人にオススメしにくいんだよね。
あんまりそういうの抵抗なく鑑賞できる人って少ないし・・・。

まぁこの変態性は一般受けするものではないけれど、
人間の欲望とか、醜さとか、妖しさとか、
作品のそこかしこで発揮される淫靡で、耽美で、頽廃的な雰囲気はとても文学的。

どれ読んでも、だいたいこの人の才能は感じられるのだけど、
本作はサーカスが舞台。
で、ボリショイサーカス見に行った日に、これ読んでみた。

そもそもサーカスってもの自体が、
後ろ暗い妖しげな雰囲気をたたえている存在なわけだよ。
特に昔のサーカスなんてのは死と隣り合わせ。
で、エロスとタナトスと言われるくらいなので、死の香りにはエロスがつきまとう。

それと、昔のサーカスって見世物小屋的な雰囲気だよね、
つまりフリークス的要素もあったわけだ。
その辺がまた怪しい雰囲気を醸してる。
例えるなら、乱歩の浅草のごとき妖しさ、かな。

んで、そんなサーカスの一面を切り取った写真集があったのを思い出した。

サーカスの時間

サーカスの時間

書店で見かけて欲しいものリストに入れたまま、買ってなかったなぁ。
これも何かの縁なので、買っておこうかしら。