Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

人に勧めるような類の作品ではない、泡沫作品の楽しみ。 佐藤まさき/超無気力戦隊ジャパファイブ

ドラゴンボールや、ワンピース、あしたのジョー巨人の星
世代を超えて語り継がれたりする名作がある一方で、
歴史の流れの中で消えていく作品は数え切れないほどある。

どちらかといえばそんな泡沫作品の部類に入るだろう作品がこれ。

超無気力戦隊ジャパファイブ 1 (ヤングサンデーコミックス)

超無気力戦隊ジャパファイブ 1 (ヤングサンデーコミックス)

戦隊ものをテーマに、女の子が可愛い、ちょいお色気ギャグ漫画としてスタート。
全9巻なので思ったよりも続いたという評価が正しいのかもしれないけれど、
後半になるに従って、次第にお色気度合いが増していくというか、
サービスカットが多くなっていくのが連載という厳しい世界で生き残るための試行錯誤が感じられる。

当時書店で見かけて購入したけどしばらく続きを買っていなくて、
正直、Amazonの検索結果で再会するまで名前も覚えていなかった。
まさに泡沫。

それでも、なんとなく感じる戦隊ものへの愛と、
頭を使わずに読めるお気軽なギャグが魅力。

こういう作品って、読んでる人見つけると妙に共感しそう。
あー、俺もジャパファイブ全部読んだわー、みたいな。
泡沫を愛でる魂の共振、みたいな。

超無気力戦隊ジャパファイブ 1 (ヤングサンデーコミックス)

超無気力戦隊ジャパファイブ 1 (ヤングサンデーコミックス)