Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

世界的な文学作品を翻案、こういうのもっとあっても良いかもしれない。手塚治虫/罪と罰

昔の漫画が読みたくなって、手塚治虫とか全集ひっくり返して読み始めた。
これは、ドストエフスキーの『罪と罰』を漫画に翻案したもの。
こういうストレートな翻案ものって昔は結構あったみたいだけど、
今はあまり見なくなったな。

古典をベースにするのは最高レベルの原作付きってことになるから、
面白いもんになりそうな気はするけれど。

罪と罰

罪と罰

罪と罰 (手塚治虫漫画全集)

罪と罰 (手塚治虫漫画全集)

ただ、『罪と罰』に関しては、割と最近、翻案ものが出てた。
で、これがすこぶる良くできていて面白いからここにも書いておこう。

罪と罰 1 (アクションコミックス)

罪と罰 1 (アクションコミックス)

何がすごいって、現代の東京の街を舞台に『罪と罰』を再現しているところ。
現代を生きる青年の息苦しさといい、同時代感がありながら、
しっかりと『罪と罰』になっている。

誰か『カラマーゾフの兄弟』とかにも挑戦しないかな。
光文社の新訳版で久しぶりに読んでみようかな、という気分にもなった今日この頃。

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈1〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

罪と罰〈2〉 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟2 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟3 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 4 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟 5 エピローグ別巻 (5) (光文社古典新訳文庫)

ちなみに手塚版は今更読んでも大して面白くないです。

罪と罰

罪と罰

罪と罰 (手塚治虫漫画全集)

罪と罰 (手塚治虫漫画全集)