読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

なぜか火星でカウボーイもの。手塚治虫/キャプテンKen

地球からやってきた少女、水上ケンと彼女にそっくりなカウボーイ「キャプテンKen」、
二人は同一人物?キャンプテンKenの正体は?
という謎を含みながら展開する冒険活劇。

キャプテンKen(1) (手塚治虫漫画全集)

キャプテンKen(1) (手塚治虫漫画全集)

しかしこの話、なぜか舞台が火星なんだよな。
火星である必要あったんかね、まぁ火星人との戦いを描いているから、
必要だったのかもしれないけれど・・・

当時はSFというジャンル自体確立されていないというか、普及していない時代。
Kenの正体は誰か、という謎かけをして読者に応募させたところ、
正解したのは2名しかいなかったらしい。
そしてそのうちの1名は後に虫プロダクションに入ってアニメーターになったというから驚き。

まぁ原子分解銃とかSFっぽい道具がちらほら出てくる。
「キャプテンKen」くらいになってくると
今までよりももう少し読みやすくなってくるな、という印象。

それにしても、やっぱりなんで火星でカウボーイなんだろうなぁ・・・
まぁ西部劇はジョン・ウェインの影響とかで流行っていたのだろうけど。

駅馬車 [DVD]

駅馬車 [DVD]

なんてことを考えていたら『駅馬車』観たくなってきた。
馬がかっこいいんだよね、馬が。

キャプテンKen(1) (手塚治虫漫画全集)

キャプテンKen(1) (手塚治虫漫画全集)