読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

ギャグ漫画からたまに狂気を感じる瞬間、それがたまらんという話。 岡田あーみん/こいつら100%伝説

岡田あーみんは少女漫画家にしてギャグ漫画家。
1997年に活動を休止して以後、描いていない。
人気もある中であまりにも突然だったため、謎も多く伝説の漫画家化している。

wikipediaによると集英社を通しても面会できない、という記述もあった。
ネタ元はこの本らしい。読んでみようかな。

なんとなく集英社をネタにするシーンもあったりして、
単純にネタに困った上でなのか、それなりに親近感を感じていたのか・・・。

f:id:digima:20160424211401p:plain

で、話は変わって誰がどうということはないけれど、ギャグ漫画家って病みそう。
内容の過激さとかではなく、単純にその仕事が狂気とスレスレな感じがする。

誰がどうということはないとか言いつつも、
長尾謙一郎とかは最近狂気の塊みたいな作品だからなぁ。
おしゃれ手帖』描いてた頃はまだ平和だった。

おしゃれ手帖 1 (ヤングサンデーコミックス)

おしゃれ手帖 1 (ヤングサンデーコミックス)

閑話休題。狂気である。
たまに、ギャグ漫画を見ていると狂気を感じるんである。
そして、なんかそういう狂気を感じる瞬間がたまらない。

だから、この漫画でとても好きなシーンはこれ。

f:id:digima:20160424211815p:plain

男好きにも朝が来たぁぁ