読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

菌が見える設定は、ほとんどどうでも良い農大漫画。うんちく面白い! 石川雅之/もやしもん

もやしもん
主人公は農大生で、菌が見えるという設定。
菌の可愛らしさと、好奇心を刺激するうんちくが良いバランスで
一昔前にちょっと話題になった漫画。

なぜかボンテージっぽいファッションの女子が登場したり、
よくわからんこだわりが多そうな印象。

この漫画が面白いのは読み進めるほどに、
菌が見えるという斬新だったはずの設定がどうでも良くなっていく所。

全体的に、別に菌見える設定なくても成立するんじゃないかな。

まぁ、そんなことはさておき、うんちくは面白い。
発酵ってスゴイんですね。

それと農大が舞台なだけに、安全な食ってなんだ?っていう問題提起も。
農薬何リットル使ってても気にしないのに、虫が入っていると大騒ぎ。
確かに、なんか変だよね。

f:id:digima:20160503154552p:plain

糞尿から硝石作る話も、ヘェ〜って感じ。
要はうんこで大砲を打ってたっていうのはわかりやすい。

f:id:digima:20160503154607p:plain

醤油の違いも、はっきり認識してませんでした。。

f:id:digima:20160503154632p:plain

ヨーロッパ紅茶事情も面白い。
割り増しされてたとかひどいなぁ。

f:id:digima:20160503154645p:plain

てな訳で、うんちくが普通に面白かったです。