読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

娯楽作品てこうあるべきだよね、というある種のお手本。 むとうひろし/今日からヒットマン

Kindleで安くなっているのを見るとつい買ってしまう癖から抜けられない。
安くなっていたから、なんとなく買ってみる、
ということを繰り返しているとどんどん読む時間が削られていってしまうのだが、
こればっかりは如何ともしがたい。

本は出会いのもの、きっかけが何であれ、買える時に買っておくスタンス。

で、また一気に買ってしまったのがこれ。

漫画ゴラクに連載していたらしい。
その名に恥じぬ、娯楽作品。

平凡なサラリーマンが伝説のヒットマンの死に目に立ち会ってしまい、
行きがかり上、二代目として裏社会で活躍していく話。

まったく平凡ですけべな35歳のサラリーマンが、
いつも事件に巻き込まれ、毎回エロシーンがあり、
最後には気持ちよく勝って終わり。

そういうある種のお約束の中で回り続ける作品なのだけど、
それはそれでとても楽しい。
難しいこと考えずに、ただエロを挟みながらのちょいバイオレンス。
娯楽作品てこうあるべきだよね、というある種のお手本。

しかもその路線で単行本31巻分も続いている。
これは凄いことだよ。

疲れた時、嫌なことがあった時、なんか面倒くさい時、
そんな時に何も考えずに読んで楽しめる、
そういう作品に支えられてる人達って世の中に結構いる気がする。