Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

いまさらですけど、オスカルが女ってのは秘密でもなんでもないんだね。。 池田理代子/ベルサイユのばら

ベルばら。少女漫画の古典的名作。
この作品との出会いは幼い日のアニメだった。

いくつだったか覚えてないくらい昔で、小学校低学年くらいだったかとは思うのだけど、
オスカルが実は女っていう設定にすごくビックリしたのと、
オープニングでオスカルがなんとなく裸っぽいシーンがあって、
子供心になんかエロいという背徳感みたいな気持ちを抱えながら見てたっていう記憶が
僕のベルばらの思い出。

で、その後原作も読んでるんだけど、
例によってすっかり忘れてしまったので、
久しぶりに一気読みしてみた。

そしたら思ってたよりも恋愛マンガだったってのと、
オスカルが女っていうのは秘密かと思い込んでいたんだけど、
全然秘密じゃないのね。

リボンの騎士みたいな秘密のイメージがあったんだけど、全くもって勘違いでした。。

作中ではオスカルが女なのは秘密でもなんでもなくて、みんな知ってる。
アンドレは長いことオスカルに惚れてたみたいだけど、
オスカルがアンドレ好きになるのはなんか突然なんだよね。

ちなみに、屋敷に火が放たれて、火薬に引火して爆発するシーンがあるんだけど、
このカットが妙に気になってしまいましたよ。
全くどうでもいいカットなんだけど。。。

f:id:digima:20161126214147p:plain

火薬が積まれていることがこれ以上わかりやすいカットもなかろう。。。