Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

こんなスケールのでかい不倫漫画読んだことあるか?旦那がスレイマン(オスマントルコの皇帝)なんだぜ!? 篠原千絵/夢の雫、黄金の鳥籠

不倫。
倫理的ではない関係だから不倫というのかしら。
でも仕方ないの、道ならぬ恋は燃え上がってしまうのよ。

でも実際不倫報道されるとみんなしたり顔で不倫は良くないっていうのよね。
大好物なくせに。
物語の題材としては洋の東西を問わず大人気のテーマ。

しかし、ここまでスケールのでかい不倫物語はなかなかないぞ!



なんてったって、旦那がオスマントルコの皇帝だもの。
奴隷からスレイマン後宮に献上され、スレイマンからも愛されるものの、
心は奴隷の身から救ってくれたご主人様に恋い焦がれる。
でも、あなたを皇帝に献上した張本人はそいつですからね・・・。

で、男の方も献上したくせに恋い焦がれちゃう。
レイマンの寵愛を一身に集め、めでたくご懐妊となったのに
どっちの子かわからないという何ともけしからん展開。

そしてこのけしからん状況を、最高に面白いマンガに仕立て上げてくれる篠原千絵
最強の寸止めマンガ『天は赤い河のほとり』を描いた篠原千絵だが、
本作では寸止まらない。

寸止まらない結果、女の描くセックスのいやらしさというか、
美化されたエロさみたいなものがたまに炸裂する。
なんて言ったらいいんだろう、この感じ。

ちょいSのイケメンっていうスレイマンの設定とか、それに責められるMの主人公。
恥じらい見せながらもやってることは超スケールのでかい不倫ですからね。
全く貞淑でも何でもないんだけど、スレイマンは私の夜鳴鳥とか呼んじゃって、
声出させようと責める。
何でそんなに声出させようとするかって、不倫相手がドアの外にいるから。
わざとドア開けて責めたりすんのよね。

f:id:digima:20170605001318p:plain

f:id:digima:20170605001341p:plain

この、あぁ、ダメよダメダメって言いながらしっかりやることやってしまう感じって、なんかすごい女性っぽい。
私は悪くないの、仕方なかったのよ、という声が今にも聞こえてきそう。

そしてそういう状況のための様々なファンタジックな設定及び演出。
「ロマンチック・エロ」*「仕方ないすけべ」これが女性受けする鉄板要素なんではなかろうか。

しかし、題材の持ってき方がユニークだよね。
オスマントルコ、興味持っちゃうよ。

スレイマン大帝とその時代 (イスラーム文化叢書)

スレイマン大帝とその時代 (イスラーム文化叢書)

オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講談社現代新書)

オスマン帝国 イスラム世界の「柔らかい専制」 (講談社現代新書)

ざっと検索してとりあえず買ってみたのはこの辺。
というわけで、男性も是非!!