Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)どんなにリンク踏んでも派手に儲かることはないので安心してください(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

支那虎が好きだ。名脇役ランキングでもヤムチャと張るくらいの名脇役だろ、これ。車田正美/リングにかけろ1

車田正美の『聖闘士星矢』にどハマりした世代なので、
リングにかけろ』は1世代前なのよね。

だからこれまでも読んだことないまま過ごして来たのだけど、
週刊少年ジャンプ50周年ということで、
六本木のジャンプ展に行って来たら昔のジャンプ作品とかも
たくさん読みたくなってしまったのでした。


リングにかけろ1 1

リングにかけろ1 1

ギャラクティカ マグナムっていう技があるってことは
なんとなく知ってたよ。
でもね、それてっきり主人公の必殺技だと思ってたのよ。


読んで見たら違うのね、主人公のライバル的なキャラクター、剣崎の必殺技なんだね。


昭和の漫画は描かれるハングリーさが違うっていうか、
不幸の描き方が容赦ない。

子供を育てるためと思って母親が再婚するんだけど、
その義父が飲んだくれのクソ野郎。
この義父のクソ野郎ぶりが半端なくて、
姉弟は家出して、ボクサーを目指すっていう話。


で、いろんなライバルと戦いながら成長を遂げ、
いつしか敵が味方になりより強大な敵に立ち向かうという
ジャンプの王道バトルものの展開。

個性豊かなキャラクターがたくさん出てくる漫画ではありますが、
ひときわ輝くお気に入りが支那虎一城。

manga.te28.net

ドラゴンボールで言うならヤムチャ的なポジション?
それは言い過ぎ??


序盤はかなり思わせぶりな登場したくせに、
お話の都合なのか、主人公との戦いでは瞬殺されると言う
ものすごく雑な扱いを受けてしまうと言う鮮烈なデビューを飾ったこのお方。


それなのに、再び強そうなキャラとして登場して来た時には、
車田正美、適当すぎる!と思わず笑ってしまった。


ラスト付近では自らの腕を犠牲にする決死の必殺技「円月剣」を生み出すんだけど、
もうボクシングはできない身体になった、、、、はずなのに、
しばらく後のお話では、実にカジュアルに「円月剣」を打ちまくると言う暴挙にも出る。
それが支那虎。


まだ読んだことがない人は、支那虎の勇姿を見るためだけに読む価値があると言える。
久しぶりにいいキャラに出会えたなぁ。満足。

ちなみに支那虎の元ネタはフランク・シナトラだと思うけど、
別に名前以外は特にモチーフにしてない気がする。

シナトラは歌手だけど映画スターでもある人物。
男性ジャズ・ボーカルの歴史では欠くことのできない人物。
まぁ、ジャズという枠を超えてスターになった人だけど。

色々アルバム出してるけど、とりあえず聞くなら『スイング・イージー』で間違いなし。

スイング・イージー

スイング・イージー

ちなみにフランシス・フォード・コッポラ監督の名作『ゴッド・ファーザー』で、
ドンを頼ってくる落ち目の歌手(映画の主役が欲しいって頼んでくるやつね)は、
落ち目の時のフランク・シナトラがモデルと言われています。

映画はもちろん、マリオ・プーヅォの原作も面白いよ。
高校生の時に映画にハマって、アル・パチーノかっこいいわ〜って憧れて、
その勢いで原作の小説も読んじゃったのは懐かしい思い出。


ゴッドファーザー 上 (ハヤカワ文庫 NV 54)

ゴッドファーザー 上 (ハヤカワ文庫 NV 54)

ゴッドファーザー 下 (ハヤカワ文庫 NV 55)

ゴッドファーザー 下 (ハヤカワ文庫 NV 55)

ゴッドファーザー〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

ゴッドファーザー〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)

ゴッドファーザー〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

ゴッドファーザー〈下〉 (ハヤカワ文庫NV)

映画見たことある人は多いけど原作読んでる人ってほとんどいないよね。

うん、話が飛んだけど、支那虎はいいキャラだよ!

リングにかけろ1 1

リングにかけろ1 1