Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

ストーリーがそこまで面白くなくても、漫画は楽しめる! 巻来功士/GOD SIDER ゴッドサイダー

80年代ジャンプの作品。連載開始は87年から。
なので、今40代の人には馴染みがあるまもしれないが、
30代には未知の作品だと思われる。

神の側(=ゴッドサイダー)と悪魔の側(デビルサイダー)が戦う王道バトル物。

で、これまたオススメされたから読んでみたのだけど、絶妙に古い感じが面白い。
劇画調なんだけど無駄に女性キャラの服は破れるし、この当時はジャンプでもしっかり乳首描いてる。
ストーリーは大して面白くないんだけど、今となってはシュールなディテールが結構楽しい。
後半はその辺のシュールさも普通になってしまうのだけど・・・。


例えばところどころ時代を感じさせる言い回しが・・・
第1弾は、「冗談は、よしこさん」

f:id:digima:20151005023322j:plain

続く第2弾は、「そうはイカのキンタマ

f:id:digima:20151005023329j:plain
f:id:digima:20151005023334j:plain

バトルシーンの真っ最中にこういうのがちょこちょこ出てくるから気が抜けない(笑)

そして劇画タッチなので、ギャグもギャグに見えないというか、
独特の迫力をもって迫ってくる。

f:id:digima:20151005023342j:plain

こいつなんて、2部のラスボスだからね、
例えるなら聖闘士星矢教皇相手にハゲネタかましてるようなもん。

そしてたまに勢い余って縮尺おかしいってのが、これ。

f:id:digima:20151005023350j:plain

まぁある程度はでかいっていう設定だったけど、これはやりすぎでしょう・・・。

というわけで、メインストーリーがそこまで面白くなくても、
漫画は楽しめる、ということを感じた作品でした。