読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました

興味ない人に好かれてもありがた迷惑なんだよってことを示唆してしまう恋愛漫画。 いくえみ綾/G線上のあなたと私

いくえみ綾の最近の作品。
バイオリン教室が舞台になった恋愛模様なんだけど、
この人は別に舞台設定とかどうでもいいのよね。

舞台設定が面白いから面白いんじゃなくて、
当たり前なんだけど、恋愛模様の心理描写がうまいから面白いのよね。

それも、あー、あるある、みたいな身近な体験として
あるようなことで、でも別に言語化できていない
モヤっとした記憶を刺激してくる。

f:id:digima:20160324000740p:plain

例えばこういうくだり。
バイオリン教室に通う男子は、そこの先生が好きなのだが、
まぁ、色々あって相手にされていない。
でも、好きなんだな。
好きだからまっすぐに頑張る、普通の恋愛漫画ならそこで終わりなんだよな。
まっすぐに、ひたむきに頑張って、なんか気がつくと距離縮まってて、
いつの間にかくっついてる。
でもいくえみ綾はふとした瞬間にちょっと冷めた目を差し込んでくる。

その気がない方からして見れば、その好意は無駄なわけだ。
で、その男子だって興味ない奴に好意寄せられても、
その好意、無駄なのになぁって思ってるわけ。

でも、それお前もだよっていう身も蓋もない客観視。
俺の好意も無駄なのかも、と作中の純朴な男子を悩ませるこの展開こそ、
いくえみ綾の才能なんだと思うのです。

なので、この作品に関しては、この純朴男子が
しっかりと結ばれない展開に期待してしまう。
それはそれで現実の厳しさよね。

ま、それだと夢が無さすぎるのかね。
いずれにせよ、この後どうするんだろってのが気になる。