Book Select 本を選び、本に選ばれる

読んだ本にまつわる話を書き綴っていくことにしました。マンガが大半を占めていますが小説も好き。マンガはコミックで読む派。本は買って読む派なので常にお金と収納が足りません。例年1000冊以上コミック読んでます。ちなみに当ブログのアフィリエイト収入は良い時で月1000円くらいです(笑)収入はすべて本の購入に充てられます。

女の内股に刺青。金田一シリーズでやや淫靡な中編。 横溝正史/スペードの女王

推理小説とか本当に読んでこなかったので、
今更なんですが、それだけ楽しみがあると思えば、世の中面白い本だらけ。

というわけで、今更シリーズですが、横溝正史の金田一シリーズ、
スペードの女王を読んでみた。
角川から金田一耕助ファイルっていうのが出ていて代表作が刊行されているっぽいのだけど、
上記には含まれない作品たちが金田一耕助シリーズってなって出ている。
後述するが、金田一耕助ファイルの番号は、事件や刊行の時系列にあっていないらしいので要注意。

他に読んでるのがアガサ・クリスティをちょっとかじったくらいなのでなんとも言えないのだけど、
すぐに読める中編としてよくまとまっていた印象。

他の作品がどうなのかは知らないけれど、
本作は女の内股に刺青されているというやや倒錯的なモチーフがあり、
全編を通じてやや淫靡な雰囲気。

これといって性的なシーンがある訳ではなく、文章から漂う色気みたいなものかな。

子供の頃、昼間に放送されていたのが怖くて、
この手のものがあまり好きではなくなってしまったのだけど、
今読むと普通に楽しめる。

探偵や刑事のイメージって面白いな、と思っていて、
どういう人物像(キャラクター)がみんなは好みなんだろう。

金田一はどこか一風変わった風変わりな人。でも難事件をたちどころに解決してしまう。
刑事コロンボは、一見、間の抜けた仕事のできない刑事、でも本当は恐ろしく優秀とか。
少年探偵団は一生懸命、ホームズやポワロは名士な感じ。

僕はコロンボタイプで間抜けに見えてとても賢いタイプが好き。

これを機に金田一シリーズも読みたいなと思ったけど、
Kindle金田一耕助ファイルって順番がバラバラらしい。

という訳で、序盤の順序はこうらしいので、順番に沿って読んでみるのも良いかも。

ちなみに作中である人物の死体が発見された日付が自分の誕生日だった!!という点も、
かなり印象に残った作品。